嫌いなものを食べることができたらほめてあげる|野菜嫌い克服生活

chnu006-s.jpg

子どもが野菜嫌いなのには理由があります
子どもにとっても野菜が嫌いで食べられないことは
つらくて苦しいことなのです

子どもはお母さんやお父さんが
よろこんでくれること、ほめられることが大好きです

だから嫌いな野菜もできるだけ残さず食べよう
と彼らなりに頑張っているのです

嫌いだった野菜が食べられるようになったら
思いっきりほめてあげてください

子どもにとってそれが何よりの励みとなって、
次はもっとたくさん食べられるようにと
努力を続けてくれるはずです

子どもの野菜嫌いは厳しくしつけたり叱ったりしても
克服できるものではありませんy

子どもが成長していく、環境に順応していく過程の一つでもあるので
親は子どもを叱ったりせずにゆっくりと余裕を持って見守ってあげることが大切です




TOPPAGE  TOP