野菜嫌いを調理レシピで克服する

cllv019-s.jpg

子供の嫌いな野菜をみじん切りにして
いろいろなおかずに混ぜることは
野菜嫌いを克服するのに
有効な方法ではないかと思っていませんか?

実はそうでもないんです

確かに細かく刻んで混ぜれば、
嫌いな野菜を食べてくれることもありますが、
これだと、子どもに嫌いな野菜が
食べられたという自覚はありません

しかも嫌いな野菜を食べることのできた
達成感がないだけでなく、
実は嫌いな野菜が入っているとわかった時に
だまされたという思いから
ますます嫌いな野菜を遠ざけてしまうこともあります

野菜を細かく刻んでおかずに混ぜて食べさせるよりも
嫌いな野菜が見える形ですすめてみて
子どもが自発的に食べるようになるのを待つほうが
子どもの精神的な成長にもつながります

子どもは野菜そのものの味が嫌いなのではなく
いやな体験をしたときにその野菜を食べたなど、
味以外の経験から野菜が嫌いになってしまうことも多いので
普通の切り方、普通の大きさで食べられるように、
味付け調理方法を工夫してみましょう


⇒おいしい野菜で料理すると喜んで食べる




TOPPAGE  TOP