野菜嫌いの原因

離乳食が原因で子どもが野菜嫌いになる?

野菜嫌いの原因コメント(0)トラックバック(0)

ilm08_bc01029-s.jpg

子どもの野菜嫌いは幼児期からはじまって
小学生をピークに、やがて自然に改善されていくのが一般的です

幼児期の野菜嫌いの原因は、
味覚の土台が作られる離乳期にある
という説もあります

離乳食はそれまで母乳やミルクしか
口にしたことがなかった赤ちゃんが
初めて母乳やミルク以外の食べものを
口にする味覚形成のはじまりです

離乳食を食べる時期の子どもの味覚は白紙状態で、
いろいろな味を簡単に受け入れることができます

ですから離乳期の食事が変化に富んで、
いろいろな味を体験することができれば
その後も広くいろいろな味を受け入れることができるようになります

反対に離乳期に味の体験が単調であると
味への対応の土台がせまいものとなり、
野菜嫌いの原因となってしまうとも考えられます

⇒幸せ♥お家ごはん実践マニュアルをプレゼント



このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

なぜ子どもは野菜嫌いになるのか?

TOPPAGE  TOP