嗜好

加工食品のとりすぎが好き嫌いの原因になる?

嗜好コメント(0)トラックバック(0)

chnu048-s.jpg

スナック菓子や清涼飲料をたくさん摂ることによって
今の子どもたちはセ摂食中枢に
十分な刺激を感じない生活になりがちです


甘いお菓子、塩味と旨味がほどよくなっているスナック菓子、
子どもたちが本能で好む甘み、旨味、塩味が
子どもたちの周りを取り囲んでいます


スナック菓子などからの嗜好品からの摂取エネルギー過剰は
子どもたちの食欲や嗜好の発達を妨げることになってしまいます


味の基本には5つの味があります
甘い、しょっぱい、旨い、苦い、酸っぱいの五つです
甘味、塩味、旨味は人が好きな味です


これらの味のある食べものは
エネルギー源となり、ミネラルを含み、たんぱく質が豊富です


一方、苦み、酸味は人間のいらう味で、
毒物や腐敗を感知する味です


野菜の味はすべて多少の苦みをともないます
子どもが野菜を好まないのはこの苦みのためです


人間が本能的に好む甘味、旨味、塩味は
摂りすぎに注意しなければいけません


甘味、塩味はのとりすぎは虫歯や生活習慣病などへの問題として
わかりやすいのですが旨味についても
とりすぎには注意しなければいけません


加工食品の旨味はほとんど化学調味料ですので
素材の味を識別する前に旨味を受け止めてしまい
子どもの嗜好の発達を妨げてしまいます


お母さんがおいしい料理を作ってあげて
お子さんにいろんな味を体験させてあげましょう


⇒おいしい野菜で料理を作ると子どもは喜んで食べる


このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

楽しくない食事で子どもの好き嫌いができる

楽しい食事が子どもの味覚を発達させる

TOPPAGE  TOP