野菜は季節を感じて食べるとおいしい 夏編

fds1057-s.jpg

夏は暑いので、のどごしのよい麺料理にしがちですが
具に肉や野菜をたっぷりいれましょう


暑くなると子どもたちも食欲がなくなりますが
外で遊んだ後やプールの後は体もさっぱりして
食欲も出てきます

たくさん遊んで心も体もすっきりして
「おなかすいたー」
と元気な声が聞こえるとうれしいですね

空腹は最大のごちそうです
夏ならではの楽しい食卓を工夫しましょう


ちょっとのどが乾いたら、もぎたてのトマトやきゅうりを丸かじりさせてみましょう
野菜のみずみずしさ、歯触りは格別おいしいものです

なすや枝豆のとりたてをすぐ塩もみにしたり、ゆでたりすると
子どもはよく食べます



子どもたちは栽培や収穫、料理に自分でかかわると
苦手なものも食べられることがよくあります

夏はプランターで育てた夏野菜を収穫できる楽しい時期です


とりたての野菜はやわらかくて甘みもあります


野菜が苦手な子どもでも自分たちの作った野菜は
とてもおいしいとたくさん食べてくれます



⇒幸せ♥お家ごはん実践マニュアルをプレゼント














































タグ :

関連記事

  1. 子どもがおいしく食べる旬の夏野菜
  2. 野菜は季節を感じて食べるとおいしい 夏編

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.calistud.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

TOPPAGE  TOP