幼児の偏食心配する前に知っておくこと

cb013d-s.jpg

子どもの好き嫌いの悪影響として、
栄養のかたよりが心配されますが
本当に栄養がかたよっているのでしょうか?


特定のひとつの野菜が食べられないことは
同じような種類の野菜が食べられていれば
栄養が偏るといったことはおこらないし、
こだわらなくても大丈夫です



食べるという行動は
食欲にともなう行動なので
好奇心や探究心などの
心の発達もともなうものです


子どもに食べたいという欲求が起こる前に
大人が食べてもらいたい欲求で食べ物を与え、
子どもが強制と感じると、心の発達や脳の発達にも
影響することがあります


小さい子供がピーマンを食べれないのは
まだ食べられるような時期なってないと考えてみてください


子どもがだんだんと食べられるものの
幅を広げていく様子を温かく見守ってあげましょう


お子さんがいろんなものを食べられるようになるには
お母さんがおいしい料理を作ることも重要です


⇒おいしい野菜で料理を作ると子どもは喜んで食べる



chnu006-s.jpg



タグ :

関連記事

  1. 野菜食べられないから嫌いとは限らない
  2. 加工食品のとりすぎが好き嫌いの原因になる?
  3. 楽しくない食事で子どもの好き嫌いができる
  4. 幼児の偏食心配する前に知っておくこと
  5. 偏食とは?|偏食という言葉をまちがって使っていませんか?
  6. 保育園の子どもが偏食にならないようにするには

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.calistud.com/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

TOPPAGE  TOP