偏食

野菜食べられないから嫌いとは限らない

偏食コメント(0)トラックバック(0)

clhe019-s.jpg

私たち大人は食べない=嫌い
と考えがちですが子どもにとっては
必ずしもそうでないことが多いようです

野菜を食べないのは、口に運びにくい、噛みにくい、
飲み込みにくい、といった扱いにくいのに原因があったり
運動不足やおやつの食べすぎでおなかがすいていない、
体調が悪くて食欲がないといったことも野菜を食べない原因となります

また自分で食べたいのに、親が手を出してしまったり、
早く食べるようにせかしてしまったりという
食事中の親の言動が原因で子どもが
野菜に手を出さなくなってしまうこともあります

食卓や服を汚したことを怒られたり、
無理にフォークや箸を使わせようとしたことで
野菜を食べなくなってしまったtぽいう例もあります



野菜も含めた偏食は野菜がすべて食べられないとか
極端な場合でなければそれほど深刻な問題ではありません

親子で食事を通してコミュニケーションをはかりながら
子どもの成長とともに少しずつ野菜嫌いが改善されるように
サポートをしていってください


⇒野菜について親子で話をする




このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

幼児の偏食で困っているお母さんに朗報|おいしい野菜の紹介

加工食品のとりすぎが好き嫌いの原因になる?

楽しくない食事で子どもの好き嫌いができる

幼児の偏食心配する前に知っておくこと

偏食とは?|偏食という言葉をまちがって使っていませんか?

保育園の子どもが偏食にならないようにするには

TOPPAGE  TOP